みんなが奇跡プロジェクト

t02200147_0800053313055981096

 

t02200147_0800053313055981096

映画「うまれる」上映会

 

 

 

 

2014年12月25日(木)クリスマス 船橋勤労市民センター  ホール  事前予約受付中

全2回  11:00~(ママさんタイム)   14:00~

大人【当日】1,200円 【前売り】1,000円
子供(就学~18歳未満)【当日】1,000円【前売り】800円
未就学者無料です

b-entrymovie

 

 

 

2014年8月23日(土)、24日(日) ビビット南船橋

※2日間で182名の方にご鑑賞頂く事が出来ました。お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

【来場者さまの感想】

・出産時、父親は無力だと思ってましたが、そんなことはないということを認識できて、非常に良かったです。

・いろんな家族、いろんな角度から命を考えさせてもらえて、いろんな命があっていいんだととても肯定的な気持ちをいただけました。

・素晴らしい映画を観ることができて、作り手さんと上映者さんに感謝の気持ちでいっぱいです。出演された皆さん、今生きている命、お空で見守ってくれている命、すべてに感謝がこみ上げました。

・妊娠、出産は生まれてくるのが当たり前、生まれてくる感動をテーマにしたドキュメンタリーはよく見るが生まれなかった命、生まれてきても一緒にいるのが短い命もあることを伝えていて良かったと思った。

・地元地域の中学校で、子育てに対する実習をしていて、ボランティアで参加しています。ぜひ子供たちにも見てもらいたいです。

・奇跡的に私は娘を授かり日々子育てをしていますが、娘に出会えた奇跡に感謝して親として精一杯子育てしようと思いました。そして、思いっきり娘を、奇跡を愛そうと思いました。

・私自身の流産や不妊、知人のお子さんの死別など、少しスッキリ受け止められそうです。

・自分の力、努力ではどうすることもできない境遇に、どう向き合っていくのか考えさせられると同時にあたりまえの様になりがちな事が、どれだけ幸せな事なのかを再確認できました。ありがとうございました。

・障害について勉強し、支援する立場になりたいと思い、今の仕事を選びました。今は妊娠から出産、就学まで幅広く支援させてもらっていて、この映画を見ながらさらに頑張ろうと思いました。

・授かれないことに向き合う姿や、死産の葛藤、普段人に話せない部分をフォーカスしている部分が良かった。

・赤ちゃんは親を選んで生まれてくる・・・聞いたことはあったけど、これほど胸にしみたことはありませんでした。

・何とも言いようのない気持ちになりました。私自身も天国にいってしまった息子に感謝です。

・晩婚化社会の進んだ現代において、子供を持ちたくても持てない夫婦において発生しうるリアルなケースを提示してもらい、非常に参考になった。

・親になる素直な喜びが伝わってきました。人が抱える様々な苦しみも伝わってきました。悩んでいるのは自分だけじゃないと感じました。

・できるだけ多くの人に観てもらいたい映画だと思った。特に思春期の多感な時期にいい映画だと思った。

 

この他にも沢山の感想をいただいております。ありがとうございました。